介護住宅のことなら住環境整備・リフォームの専門店フジックスハートフルへ


体力や気持ちに元気がなくならないように、まず始めに 生活しやすい住まい環境にします。たとえばお風呂やトイレで立ったり座ったりするための手すり取付け、浴槽や敷居の段差を無くすこと、寒いお風呂場や脱衣室を温かくすることなどです。
 “つらくてできない”と思うことを“普通にできる”に変えるのです。
若いころは家の造りに身体を合わせていましたが、これからは“身体に家を合わせる”のです。まずはできることをご自身でできるようにすることが住環境整備です。

介護保険制度の工事はリフォームと違うの?

介護保険は家に対する工事補助金ではなく、ご利用者様への保険金給付です。従って、活上の目的をもって必要な部位の工事を行います。工事は要支援1から要介護5までの全ての方が対象です。要支援1・2、要介護1の皆様は「今できることをもっとできるようにする」ことが工事の目的です。要介護2以上の皆様には「できないことをできるようにする」または「必要なことを補う」ために行います。
保険を使わない一般的なリフォームは、建物の性能や機能性のアップ、住まい手の満足感向上を目的としており、建物の基礎からカーテン・照明まであらゆるエレメントに視野を広げます。一方の介護保険工事は対象工事種目が定められているのです。

介護保険でできること、できないこと・・・

手すりが必要な皆様は、それぞれに身体状況も嗜好も違いますし、お住まいの構造や内装も違います。ですから手すりも様々な材質・形状・寸法・取付方法になります。しっかり握るのであれば丸棒、掌を滑らせたりひじ掛けにするなら平らな板状です。スポット的に握るなら電車の吊り輪、窓枠に手掛け溝を彫り込む加工手すり、体重を広い面で支えるカウンター型、マス目格子型やクネクネ型などもOK。手すり取付けと言っても、ご利用者様の状況次第では無限のアイデアで生活支援が実現できます。
しかし「将来の為に」とか「ついでに」など、今必要ではないものについては保険給付されません。また、資産価値アップや同居人のためには保険利用はできません。

工事対象種目は下記の5つ+付帯工事です。


①手すりの取付け
室内外を問わず、生活動線・動作の補助として設置します。

②床段差の解消
上り下りやまたぎ越しができるように平らにしたり小刻み段にします。

③建具の変更
開きドアを引戸や折戸にして、出入り動作を軽減します。

④床材質の変更
滑って転ばないようにフロアーの防滑処理や表面材の張替えをします。

⑤便器の交換
しゃがみこみが難しい方には和式を腰掛式トイレに改修します。

⑥付帯工事
①~⑤の工事に必要で関連する補修や補強などが認められます。

フジックスハートフルの福祉住環境専門スタッフが心を込めて設計、工事いたします。


 

介護保険でできる工事費のめやす

※2割ご負担の方は金額が異なります。

工事内容 単 価 1割負担
木製手すり60cmの取付 約8,000円〜 800円〜
外付け引戸への交換 約40,000円〜 4,000円〜
和式を洋式トイレに変更 約150,000円〜 15,000円〜

※施工または製品に欠陥があった場合は瑕疵とみなし1年間の補修対象です。但し、故意に破損またはご自身で分解等をされた場合は保証対象にはなりません。
※上記金額は工事料金のめやすです。正式な金額はお打合せ等で決定します。

購入した方が良い生活用品

介護保険では年間10万円を上限として1または2割の自己負担額で5品目の福祉用具が購入できます(10万円超過分は自費負担)。そのなかでも必要な方にはこれらをご紹介いたします。

腰掛便器
ポータブルトイレ、和式補高便座、電動トイレリフトなどトイレでお困りの方に。一人でトイレに行けなかったり、便器の立ち座り動作が難しい方にご紹介します。オムツや紙パンツとの併用、夜間だけのベッド脇トイレ使用等のことも併せて、気兼ねない快適なトイレ使用をしてください。健康増進の元です。
 
入浴補助用具
シャワーイス、浴槽内台、洗い場スノコ、浴槽挟み込み手すりなどです。
低い風呂椅子では不安定で立ち座りが怖い時、シャワーイスのご利用をお奨めします。お身体状態に合わせて背もたれ・ひじ掛け等が付いていたり、スペースに合わせて折りたためたり、多くの種類からお選びします。また、脱衣室と洗い場の段差が大きい場合は樹脂製スノコをジャストサイズ製作して敷きます。浴槽のまたぎを補助するために浴槽内台や挟み込み手すり、バスボードを利用されると安全にご入浴いただけます。いづれも何がどのように必要かどうかを私共がご相談に応じます。

レンタルした方が良い福祉用具
お身体状態は変化します。レンタル用具はその時々に合わせた用具に替えながら利用目的を果たし続けるものです。ベッド本体のように長期間ご使用いただくものもあれば、歩行補助具類のように車椅子がなくても少し歩けるようになり歩行器に替え、その後さらに歩くことができるので杖に替えるというケースが代表例。介護保険では13品目、約1千種類の用具がケアマネジメントのプランに基づいてレンタルされます。レンタル用具の必要性やお身体との適合、ご利用における評価は私共専門スタッフが行います。

特殊寝台
電動介護ベッドで、昇降・背上げ・足上げの機能があります。ベッドから転落する危険があれば超低床型、椅子に腰かけている感覚の姿勢がとれる製品、誤嚥性肺炎予防や頭上げができる製品等多くの種類と価格帯があります。
床ずれ予防具
ベッドに寝ている時間が長くて寝返りをしない方は床ずれ(褥瘡)ができてしまう危険があります。それを防止する時は体圧分散マットレス、軽度発生には静止型床ずれ防止マット、重症になっている時はエアーマットに替えていきます。
車椅子
「椅子として使う」のか「移動用具として使うのか」はその時々の状態により目的が変わります。車椅子はご自身が操作できる自走式、介助者による操作の介助式、ストレッチャーのように仰向け姿勢が取れるリクライニング式、電動で屋外走行できる電動式など多くの種類があります。選定のポイントは、いつ・どこで・どれくらい・だれが・どのように使われるかです。それに加えてお身体の状態とお気持ちを合わせて私共が選定致します。
移動リフト
人的・物理的にサポートが困難な場合には機械力です。車椅子を昇降させるリフト、玄関先の框段差部でのイス式リフト、浴槽またぎが難しい方のバスリフトなど数種類のリフトがあります。座敷の生活習慣を変えたくない方には座椅子式リフトもあり、転倒後の立ち上りに使われるケースもあります。屋外階段を車椅子に乗ったまま移動できる可搬型も取り扱っています。
徘徊感知器
「いつのまにか徘徊外出してしまった」ということを防止する機器はその種類を増やしています。ベッドや玄関の足元マットを踏むと家族のポケットの受信機がチャイムを鳴らす「家族コール」や、外出先の家族のスマホにメール着信する「いまイルモ」等の製品。効果予測をしながら設置位置をご相談させていただきます。
手すり
室内を歩くときにつかまる、ベッドやトイレの立ち上がりにつかまる、玄関の段差を上り下りするときにつかまるという時、置き型や天井突っ張り型、便器密着型の手すりをご利用いただけます。住宅改修工事で手すりを取り付けた方が良いか、浴槽の挟み込み手すりを購入した方が良いか、あるいはレンタル手すりにするべきかをご相談させていただきます。尚、レンタルはビスや接着剤などで固定しないものが対象です。

その他にも、歩行器や車椅子クッション、スロープなどもレンタル対象品目です。